ガイアの夜明け 宇山一朗先生のダヴィンチ胃がん手術

  • 2011/09/24(土) 04:19:56

「ガイアの夜明け 切らずに治す〜がん治療最前線〜」(テレビ東京)
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber3/preview_20110927.html
2011年(平成23年)9月27日(火)PM10:00〜 テレビ東京系にて放送です。
<放送概要>
日本人の2人に1人がかかる「がん」。いま、がんを「切らすに治す治療」が脚光を浴びている。体外からビームを照射してがんを狙い撃ちする「粒子線治療」は、身体への負担が少なく、ここ数年で急激に普及している。今年、その粒子線治療の巨大な施設が国内で立ちあがった。 一方、「神の手を持つ男」と呼ばれた胃がん手術の名医(宇山一朗教授)が、手術ロボット「ダヴィンチ」の導入に踏み切った。いったいなぜなのか。 「切らずに治すがん治療」の最前線を追った。




「ダ ヴィンチ手術」(宇山一朗先生のウェブサイト)
http://www.e-oishasan.net/site/uyama/treat03.html


手術ロボットの最新モデル「da Vinci S HD」を使って執刀・藤田保健衛生大学 宇山一朗教授に聞くインタビュー(2009年)
http://robonable.typepad.jp/trendwatch/2009/02/da-vinci-s-hd-2.html


胃がん手術の名医の宇山一朗


「ディープピープル 胃がんのスーパー外科医」(NHK総合)
http://www.nhk.or.jp/deeppeople/log/case0502/index.html
2011年(平成23年)5月2日(月)PM10:00〜 NHK総合にて放送です。
今、日本人のおよそ3人に1人が「がん」で死亡している。中でも「胃がん」は病気にかかる人の割合が最も高く、日本人の国民病とも言える病気だ。今回は、「胃がん」を手術で取り除く手腕において世界最高レベルのスーパー外科医3人が一同に集結。お腹を切り開く従来からの手術法「開腹手術」、そして「腹くう鏡手術」と呼ばれる、腹部に小さな穴を開けて特殊な医療器具を用いる新しい手術法。患者にとってどちらがより良いのかを巡り熱い議論が展開される。さらに、外科医3人の手術前の独特の習慣やこだわりの道具についても語り合う。
佐野武;がん研有明病院勤務。開腹手術の達人。日本胃がん学会理事として「胃がん治療ガイドライン」を作成。
宇山一朗;藤田保健衛生大学病院に勤務。腹くう鏡手術の先駆者。王貞治氏の胃全摘手術も執刀。胃がん界の革命児。
小嶋一幸;東京医科歯科大学医学部附属病院勤務。独自の腹くう鏡手術を確立し手術時間の大幅な短縮に成功。













ガイアの夜明け 宇山一朗先生のダヴィンチ胃がん手術
胃がんの治療 予防 胃がん 掲示板